メイクアップ

悩み別でわかるコンシーラーの使い方【全まとめ】

更新日:

コンシーラー 使い方のイメージ

コンシーラーはファンデーションで隠しきれないシミやしわを隠すためには有効な化粧品です。

しかし、コンシーラーの使い方は悩みによって様々あり、どう使っていいかわからない方も多いです。

そこでこのページでは、コンシーラーの正しい使い方をお悩み別で詳しくご紹介しようと思います。

参考になればと思います。

注意:リキッドファンデーション(クリームファンデーション)を使う場合は、ファンデーションの後に、パウダーファンデーションを使う場合は、ファンデーションの前に使用します。

赤み・ニキビをカバーする

使う道具

クリームタイプのコンシーラー、コンシーラーブラシ、フェイスパウダー

赤みを消すためのコンシーラーはお使いのファンデーションよりも少し黄味が強いものを使います。

またニキビ跡などで肌に凹凸がある場合は、クリームタイプのコンシーラーを使うことをおすすめします。

1.コンシーラーを手の甲に取る

コンシーラーをブラシで手の甲に出して、塗っていきます。

手の甲で量を調節して、最初に取る量は少なめにとっていきましょう。

2.赤みの気になるところ、ニキビに塗る

コンシーラーブラシでとったコンシーラーを赤みの気になるところ、ニキビに塗っていきます。

最初は少量を左右に使ってコンシーラーをのせるように塗ります。

一回で赤み、ニキビが隠せないときはさらに上から塗りましょう。

3.フェイスパウダーを付ける

最後にフェイスパウダーを付けて馴染ませていきます。

コンシーラーを定着させて完成です。

くまをカバーする

使う道具

スティックタイプのコンシーラー、コンシーラーブラシ、フェイスパウダー

1.手の甲にコンシーラーを取る

手の甲にブラシでコンシーラーを取ります。

手の甲で適度な量を調節してクマを消していきます。

2.下から上にコンシーラーをのせていく

クマを消す時のコンシーラーはファンデーションよりも少しオレンジ味が強いものを使用します。

下から上にブラシを垂直に塗っていきます。

カバーしきれない部分はさらにコンシーラーをのせていきましょう。

3.薬指のはらで馴染ませる

次に薬指のはらで馴染ませていきます。

ポンポンっと軽く叩くようにぼかしながら塗ります。

伸ばし過ぎるとクマが隠れなくなるので注意してください。

4.フェイスパウダーをのせる

最後にフェイスパウダーを軽くのせて仕上げます。

パフで軽く押さえて肌に密着させて完成です。

シミをカバーする

シミは気になる場所によって使うコンシーラーの種類が違います。

目や口の周りなど筋肉がよく動く場所は柔らかいコンシーラーを使い、その他の場所はカバー力がある固めのコンシーラーを使います。

またシミが大きい場所には手で塗り、小さい場所はブラシで塗っていきます。

大きいシミをカバーする

使う道具

スティックタイプのコンシーラー、フェイスパウダー

1.コンシーラーを手の甲に取る

コンシーラーを手の甲に出します。

2.指先を使ってコンシーラーを塗る

シミが大きい場所には指先を使って塗っていきます。

トントンっと軽く叩くように塗り、カバーしきれない部分はさらに上からコンシーラーをのせていきましょう。

3.フェイスパウダーを付ける

最後にフェイスパウダーを付けて肌にフィットさせます。

小さいシミをカバーする

使う道具

スティックタイプのコンシーラー、コンシーラーブラシ、スポンジ、フェイスパウダー

1.コンシーラーを手の甲に取る

ブラシを使ってコンシーラーを手の甲に取ります。

適量を手の甲で調節して塗り始めましょう。

2.ブラシを使って小さいシミに塗る

小さいシミが気になる場所にコンシーラーブラシを使って塗っていきます。

左右に使ってシミにのせていくように塗りましょう。

カバーしきれない部分はさらに上からぬります。

3.スポンジで余分な油分を調節する

使っていないスポンジで余分な油分を取ります。

コンシーラーをのせた部分にポンポンっと軽く叩くようにします。

余分な油分だけを取るので伸ばしてしまうとせっかく隠したシミが見えてしまうので注意が必要です。

4.フェイスパウダーを付ける

最後にフェイスパウダーを軽く、肌に馴染ませて完成です。

目の下のしわをカバーする

使う道具

クリームタイプのコンシーラー、コンシーラーブラシ、フェイスパウダー

1.コンシーラーを手の甲にブラシで取る

コンシーラー少量をブラシで手の甲に取ります。

手の甲で余分な分は落とし、適量を塗っていきます。

2.目尻から目頭に向けて塗る

しわの流れと逆方向にコンシーラーを塗ることが大事です。

ですので目尻から目頭に向かってブラシで塗っていきましょう。

3.薬指のはらで馴染ませる

さらに薬指のはらでコンシーラーをしわに埋め込んでいきます。

トントンっと軽く叩くように塗ってぼかしていきましょう。

目尻のしわをカバーする

使う道具

クリームタイプのコンシーラー、フェイスパウダー

1.手の甲にコンシーラーを取る

ファンデーションよりも少し明るめのコンシーラーを手の甲に薬指で取ります。

少し明るめコンシーラーを使うのはハイライトの効果をもたせるためです。

2.しわに対して垂直に塗る

目尻のしわに対して垂直に塗ります。

薬指または中指のはらを使ってしわを埋め込むように塗りましょう。

3.フェイスパウダーをのせる

最後にフェイスパウダーをのせ、肌に馴染ませて完成です。

ほうれい線をカバーする

使う道具

チップタイプのコンシーラー、フェイスパウダー

1.チップタイプのコンシーラーをほうれい線に塗る

チップタイプのコンシーラーをほうれい線に塗ってカバーします。

コンシーラーはファンデーションよりも少し明るめのものにすることでハイライトの効果があります。

2.ほうれい線に対して垂直に塗る

ほうれい線に対して垂直に内から外に薬指のはらでポンポンっと軽く叩くように塗っていきます。

ほうれい線を埋め込むようにぼかしながら塗りましょう。

3.フェイスパウダーをのせる

最後にフェイスパウダーをのせてパフで軽く押さえつけて完成です。

毛穴をカバーする

使う道具

スティックタイプのコンシーラー、コンシーラーブラシ、スポンジ、フェイスパウダー

色はファンデーションと同じ色のものを使い、カバー力があるスティックタイプのコンシーラーがおすすめです。

1.コンシーラーを手の甲に取る

手の甲にブラシでとります。

手の甲で余分な分は落として適量をブラシにとって塗っていきましょう。

2.毛穴が気になる部分に塗る

毛穴が気になるところにコンシーラーをブラシで塗っていきます。

毛穴をうまく隠すには毛流れの逆方向から塗ることが効果的です。

カバーしきれない部分はさらに上から塗りましょう。

3.何も付いていないスポンジでたたく

何も付いていないスポンジで余分な油分を取ります。

スポンジでポンポンっと軽く叩いて、馴染ませていきましょう。

4.フェイスパウダーをのせる

最後にフェイスパウダーをのせ、密着させて完成です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでご紹介した悩み別のコンシーラーの使い方はどれも基本的なことです。

是非、参考にしてください。

PC

PC

-メイクアップ

Copyright© KEEETEE , 2017 All Rights Reserved.