ブログ

ほうれい線ができる7つの原因

更新日:

ほうれい線 原因

老け顔サインの最も大きいポイントとも言える「ほうれい線」の悩み。

口の周りにくっきりとできてしまうほうれい線は、顔の印象を老けたイメージにしてしまい、アンチエイジングの大敵とも言えます。

特に疲れている訳でもないのに、友人や同僚から「最近忙しそうだね?」と言われてしまう方の中には、ほうれい線で顔が疲れた印象になってしまっている方もいるかも知れません。

ほうれい線の悩み、と言っても老化現象の一つで避けられないものと感じている方もいるかも知れません。

しかし、近年では10代・20代の若いうちからほうれい線に悩まされてしまっている人も少なくはないのです。

このページでは、老け顔対策に向けて、ほうれい線ができてしまう原因をご紹介していきましょう。

ほうれい線ができる7つの原因

ほうれい線が出来てしまう原因として代表的なものと言うと、以下に挙げたようなポイントが原因になってしまいがちなもの。

直接的に老け顔のイメージに結びついてしまうほうれい線の原因を知り、ほうれい線ケアに役立てましょう。

  • 乾燥肌
  • 表情筋の衰え
  • 日常の癖
  • 骨格
  • 間違ったケア
  • 生活スタイルの乱れ
  • 姿勢

乾燥肌

ほうれい線のもっとも大きな原因の一つとも言えるのが、肌の乾燥です。

ほうれい線が出来てしまうメカニズムは、肌のハリが失われてしまい、肌がたるんでしまうことも大きな原因なのです

肌のハリに必要不可欠なのが「潤い」であることは、美容に興味がある女性なら言うまでもなくご存じのことと思います。

肌は表面に見える「表皮」と、表皮の内側にある「真皮」によって構成されています。

真皮には肌のハリに必要な水分がたっぷりと蓄えられており、その蓄えられた水分が潤いとハリのある肌をつくってくれているのです。

真皮の水分が減少し、乾燥肌になってしまうと肌がたるんでしまい、口の周りにくっきりとした「ほうれい線」が出来てしまう原因になってしまうのですね。

表情筋の衰え

10代・20代の若いうちにほうれい線が出来てしまう人に多いのが、表情筋が衰えてしまった為にほうれい線が出来る原因となってしまうパターンです。

人間の顔には様々な表情をつくる為の「表情筋」と言う筋肉が顔全体に貼りめぐらされています。

表情筋は笑顔などの表情をつくってくれるだけではなく、常に顔全体の皮膚をリフトアップして保ってくれています。

近年、柔らかいものを中心とした食性格などで若いうちから表情筋が衰えてしまっている方が増えており、皮膚を支えきれない為に肌がたるんでしまいます。

若いうちにほうれい線が出来てしまった人は、食生活なども見直し、表情筋が衰えていないか見直してみる必要があるかもしれませんね。

日常の癖

食生活やスキンケアに気を付けているのにほうれい線が出来てしまった、と言う方は日常生活の自分の癖を見直してみる必要があるかも知れません。

  • 気付いたら頬杖をつく癖がある
  • いつも横向きで寝ている
  • 食事を片方でしか噛んでいない

などの癖が思い当たる方は注意が必要です。

常に顔の片方にだけ負担をかける癖があると、肌のたるみやほうれい線が出来てしまう原因にもなってしまうのです。

骨格

頬骨がしっかりしていたり、鼻筋が通っている人などは骨格の作りからほうれい線ができやすくなってしまいます。

海外の女優さんを見てみても、やはりほうれい線が多い人はアジア系の人よりも多くなっていますよね。

骨格が原因なら諦めるしかないのか?と言うと決してそういう訳ではなく、小顔マッサージなど正しいケアをすれば、充分予防は可能です。

間違ったケア

ほうれい線で悩んでしまうと、早く治したい!と言う思いが先行してしまい、とにかく色々なスキンケアを試してみたくなるものです。

しかし、ともすれば、そのスキンケアの方法こそがほうれい線の原因になってしまっていることもあります。

ほうれい線の大きな要因が肌の乾燥によるもの、と言うのは先にもご紹介した通りですが、過度なスキンケアは乾燥を加速させてしまうことも。

特に、乾燥して敏感になってしまった肌に、アルコールなどを含んだ化粧水などを使用すると、赤くなってしまったり、肌トラブルに発展してしまうこともあります。

自分の肌質をしっかりと理解したうえで、正しいスキンケアを心がけましょう。

生活スタイルの乱れ

ほうれい線の大敵、乾燥肌の原因になりやすいものとして、生活スタイルの乱れが挙げられます。

睡眠不足がお肌の大敵であることは当然ですが、朝食抜きなどの食生活や過度なダイエット、そして飲酒や喫煙などもほうれい線の原因になってしまいます。

また、ストレスなどの心的要因も肌のターンオーバーを低下させ、乾燥肌になってしまう要因になってしまいます。

ストレスを溜めず、規則正しい生活を心がけることもほうれい線対策には必要なことなのですね。

姿勢

猫背になってしまっているなど、普段から姿勢の悪い人もほうれい線が出来てしまいやすいタイプに分類されてしまいます。

姿勢が、顔のほうれい線には関係ないように感じてしまうかも知れませんが、実は姿勢とスキンケアは密接に結びついているもの。

姿勢が悪いと血行が悪くなってしまい、肌のターンオーバーを落としてしまうので肌が乾燥してしまいやすくなり、ほうれい線が出来てしまうのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

このように、様々な原因によって出来てしまうほうれい線。

自分のほうれい線が、どのような原因で出来てしまったのかを知ることが、ほうれい線対策の近道になると言えるのでしょう。

是非、参考にしてみてください。

PC

PC

-ブログ

Copyright© KEEETEE , 2017 All Rights Reserved.