ヘアケア

ルベルのおすすめヘアトリートメント9選!美容師が徹底解析

更新日:

ルベル トリートメントのイメージ

ルベルのトリートメントは特にカラーパーマを繰り返している髪に対しての補修を得意としています。

パーマをかけたり、カラーリングしたりすると昔に比べるとダメージは少なく出来るようになりましたが、やはり必ずダメージは受けるでしょう。

例えば、弱酸性であるべき髪がアルカリ性に傾いたり、髪表面のキューティクルが剥がれ、髪内部の成分が流れ出てしまったり、髪の構造は必ず変わります。

パーマやカラーの施術後になにも手入れをしないとそのままの状態です。

そこで毎日使うトリートメントでダメージが進行していかない状態に戻してあげることは最重要です。

このページではルベルのおすすめトリートメントを厳選してご紹介しようと思います。

是非、参考にしてみてください。

ルベルのおすすめトリートメント9選

ルベル イオ クリーム シルキーリペア ヘアトリートメント

軽やかな仕上がりでサラサラになるトリートメント。

ダメージ補修の効果もあり、毎日使うことで髪内部から補修し、指通りの良い髪になります。

細毛〜普通毛の方に最適です。

ルベル イオ クリーム メルトリペア ヘアトリートメント

しっとりまとまりのある仕上がりになるトリートメントです。

高保湿成分のハチミツ成分がキューティクルの接着剤の役割をするCMCを満たして、美しい髪に導きます。

普通毛〜太毛で特にロングヘアの方におすすめです。

ルベル イオ ディープマスク

週に1度の集中補修トリートメント

濃密な補修成分が保湿とツヤを与えます。

繰り返しのカラーで毛先に枝毛が出来ていたり、傷みがひどい髪におすすめです。

逆に濃密な成分なので、付けすぎるとベタつくので注意が必要です。

パール大ほどの量を毛先に優しくキューティクルを整えるように刷り込みましょう。

ルベル プロエディット ヘアトリートメント バウンスフィット

ボリュームアップ用のトリートメントです。

細くていつもペタッとなりやすい方におすすめです。

ハイダメージの髪にはバウンスフィットプラスの方が良いです。

ルベル プロエディット ヘアトリートメント ソフトフィット

広がりやすい髪を自然なボリュームに収めるためのトリートメント。

くせ毛用ですが、しっとりべったりとしないでさらっと軽い仕上がりになるので人気があります。

ヘアカラーをした髪にも最適です。

ハイダメージの髪にはソフトフィットプラスの方が良いでしょう。

ルベル プロエディット ケアワークス ヘアトリートメント カールフィット

パーマ用のトリートメントです。

パーマやカラーなどの施術で髪内部にシステイン酸という成分が生成されます。

このシステイン酸が髪内部で発生すると以下ようなことが起こります。

  • 空気中の酸素と結びついて紫外線を受けやすくなる
  • 酸化ダメージしやすくなる
  • 水道水に含まれる金属イオンと結びついてゴワつく

プロエディットケアワークストリートメントはこのシステイン酸を抑えてくれる効果があります。

パーマをかけていつも髪がごわつくという方は改善するかもしれません。

ルベル プロエディット ケアワークス トリートメント スルーフィット

縮毛矯正、ストレートパーマ用のトリートメントです。

こちらもシステイン酸を抑える効果があります。

縮毛矯正の独特な硬さを柔らげるのでいかにも縮毛矯正をかけました感はなくなるのが良いですね。

ルベル ソナ 7DAYSヘアトリートメント

ソナ 7DAYSヘアトリートメントは名前の通り、カラーが定着する7日間限定で使うトリートメントです。

カラーの定着は7日間が勝負です。

カラーの色落ちが激しい方にはおすすめです。

ソナ 7DAYSヘアトリートメントはソナ 7DAYSヘアシャンプーと合わせて使うとより効果的です。

ルベル ナチュラルヘアトリートメント

ツルツルのサラサラの仕上がりになるトリートメント。

余計なものが入っていない自然派な感じが個人的に好きです。

機能としては他のトリートメントには劣りますが、撮影前とかにはよく使います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

是非、あなたの髪の状態に合わせて、トリートメントを選んでいただければと思います。

参考になれば幸いです。

なお、ルベルのトリートメントと合わせてルベルのシャンプーも使っていくとより効果があります。

ルベルのシャンプー|髪のことを本気で考えた厳選7本」もご参考ください。

PC

PC

-ヘアケア

Copyright© KEEETEE , 2017 All Rights Reserved.