KEEETEE

BEAUTY&LIFESTYLE MEDIA

遺伝だから仕方ない?白髪になってしまう5つの原因

      2016/02/01

白髪 原因のイメージ

突然ですが、あなたは白髪の原因を「白髪家系だし、遺伝が原因だ」「歳をとったし、老化現象だ」と決めつけていないでしょうか?

しかし、それらは白髪になる原因のほんの一部に過ぎません。

このページでは、知られざる白髪の原因についてご紹介しようと思います。

白髪が増えて悩んでいる方は是非じっくり読んでいただければと思います。

1.チロシンの減少

チロシンは髪の毛の色になるメラニン色素を生成するために必要なアミノ酸です。

チロシンの減少は、メラニン色素の生成も減らすことになるので、白髪の原因になります。

チロシンは食べ物から摂取することができ、チロシンの減少の原因は食事にもあると言えます。

以下はチロシンを多く含む食品です。

  • チーズ
  • 大豆

また肝臓で合成するとチロシンになるフェルニアラニンを多く含む食品です。

  • 牛乳

などのタンパク質です。

2.メラノサイトの機能低下・消失

メラノサイトはメラニン色素が作られる場所です。

当然、メラノサイトの機能が低下したり、消失してしまえば、白髪になる原因になります。

メラノサイトの機能低下と消失の原因はストレス、加齢、食生活の乱れと言われていますが、まだまだわかっていないことが多いです。

3.紫外線を浴びる

紫外線は黒髪を維持しようとするための複製機能を持った色素幹細胞を破壊します。

そのため、黒髪を維持できずに白髪になってしまう原因になります。

強い紫外線を浴びることは肌だけではなく頭皮にも良くありません。

4.血行不良

血液は全身に栄養を運ぶ働きがあります。もちろん、頭皮にも、髪にもです。

血行が滞っていれば、黒髪を維持する栄養も届かないので、白髪の原因になります。

頭皮の血行が悪くなるのは、重力で頭皮が下がって、硬くなるからです。

頭皮マッサージをして、頭皮を柔らかくしておくと良いでしょう。

また肩こりも頭皮の血行不良の原因になるので、姿勢も気を付けたいです。

5.初潮、妊娠・出産、閉経の時期

女性に限られますが、初潮、妊娠・出産、閉経の時期は白髪になりやすいです。

それぞれの時期では、血液も栄養分もたくさん必要とするので、髪の色素となる血液や栄養分は後回しになってしまうからです。

食事、運動、睡眠などの生活習慣は最低限、整えておくことが必要だと言えます。

まとめ

いかがでしょうか?

白髪の原因がわかれば、今日これからでも出来る対策があるでしょう。

是非参考になれば幸いです。

 - ヘアケア