KEEETEE

BEAUTY&LIFESTYLE MEDIA

頭皮がひどく乾燥している時に取るべき8つの対策

      2016/02/01

頭皮 乾燥のイメージ

冬になると特に頭皮の乾燥が気になるのではないでしょうか?

頭皮が乾燥していると細かいフケがたくさん出たり、頭皮が臭くなったり、あまり良いことはないですよね。

このページは頭皮が乾燥しないようにするための対策また乾燥している時に取るべき対策を紹介していきます。

頭皮が乾燥している時の対策

1.シャンプーを見直す

シャンプーは誰もがすると思いますが、洗浄力が高過ぎるシャンプーは頭皮の皮脂を取り過ぎてしまって、乾燥に繋がりやすいです。

どんなシャンプーが高い洗浄力なのかというと、有名どころの成分では

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na

などが入っているシャンプーは洗浄力が高いです。

その他にも多々あるのですが、シャンプー後に頭皮またはおでこがカサカサになっているようなものは今すぐシャンプーを変えたほうが良いでしょう。

2.流す温度を下げる

熱いシャワーで髪を洗いたくなる気持ちはわかります。

しかし、あまりに高いお湯で髪を洗うと油分まで流れていってしまいます。

お湯の温度は少しぬるめの40度、41度ぐらいが目安です。

3.よくすすぐ

髪にシャンプーなどの洗い残しは自分が思っている以上にあります。

直接の乾燥の原因ではないかもしれませんが、頭皮のすすぎはよくした方が良いです。

4.油分でフタをしてあげる

乾燥の反対は潤いですが、頭皮用化粧水などで、頭皮が潤ったからよしではなく、油分のあるものでしっかりコーティングすることが大事です。

適度な油分は頭皮にも髪にも絶対に必要です。

5.血行促進

頭皮への栄養は血液が運んでくれます。

血行が滞っていると頭皮全体に栄養が行き渡らずに乾燥の原因になります。

血行促進は頭皮を持ち上げるような頭皮マッサージが効果的です。

シャンプーをしながらついでにやっしまえば長続きするのではないでしょうか?

6.夜更かしは乾燥の原因なので早寝する

夜更かしも頭皮が乾燥する原因になるようです。

要は睡眠をしっかり取れてないということです。

簡単に言ってしまうと早寝することをおすすめします。

7.エアコンは乾燥の原因なので避ける

エアコンなどの特に暖房の温風は長時間あたっていると乾燥します。

例えば、植物だって長時間、風を受け続ければカラカラになりますよね、同じように人間もカサカサ、カラカラになるわけです。

環境的にもエアコンは避けられないという人は、頭皮用オイル等は必須でしょう。

8.食べ物の改善

最後になりますが、人の身体は口から入る食べ物が血となり肉となり形成されます。

いい加減な食生活では当然頭皮にも悪影響です。

また間食でスナック菓子やジャンクフードも良くないです。

頭皮に限ったことではないですが、食生活の改善、見直しは重要です。

まとめ

いかがでしょうか?

頭皮の乾燥で悩んでいたら、是非参考にしてみてください。

 - 頭皮ケア