パーマ

コールドパーマの特徴

更新日:

コールドパーマのイメージ

「コールドパーマ」ってどんなパーマでしょうか?

コールドというぐらいなので冷やしてかけるパーマなのかと連想してしまいそうですが、そうではありません。
   

コールドパーマとは?

逆にコールドパーマ以外のパーマを見てみるとわかりやすいのであげてみますと、コールドパーマ以外には加温式パーマとホット系パーマというどちらも熱を利用してかけるパーマがあります。

ですので、熱を利用しない、常温でかけるパーマ、これがコールドパーマになります。

コールドパーマは一番オーソドックスなパーマで年配の方がかけるボリュームを出すパーマもエッジの効いたグリグリのパーマもほとんどがコールドパーマです。

さらにコールドパーマには水パーマというコールドパーマを応用したものやコスメパーマという化粧品分類のパーマ液でかけれるものまであります。

では、ここからは、コールドパーマはどんなパーマなのかより詳しく解説していこうと思います。

コールドパーマのかかる仕組み

コールドパーマのかかる仕組みは加温式パーマやホット系パーマとあまり変わりません。

髪にロッドを巻きつけた状態で髪の中の結びつきを1剤を付けて切断し、2剤で再び結合させて、巻きつけたロッドのかたちを形成させます。

コールドパーマによるダメージ

コールドパーマによるダメージはほとんどが1剤によって起こるものです。

1剤を髪に付けることによって

  • キューティクルが剥がれる
  • 髪の中のタンパク質が流れ出る

以上のことが起こることでダメージに繋がってしまいます。

コールドパーマでダメージを軽減させるには、髪の毛の状態を見極めて、適切な薬剤を処置することが必要です。

どういう人がコールドパーマに向いているのか?

最初にも説明しましたが、コールドパーマはパーマの中でもオーソドックスなもので、ほとんどのパーマスタイルはコールドパーマで対応出来ます。

逆に以下のホット系パーマのメリット、デメリットを見てみてください。

メリット

  • 手入れが楽
  • ウェーブが長持ちする
  • 巻き髪スタイルに向いている
  • ストレートパーマをかけている人には向いている

デメリット

  • 繰り返しかけると質感が硬くなる
  • ダメージがひどいとかからない

以上のことを踏まえて、ホット系パーマに向いていない人はコールドパーマを選択し方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?

コールドパーマは色々なパーマスタイルのほとんどをカバーできる最もオーソドックスなパーマです。

参考になれば幸いです。
 

   

関連してよく読まれる記事

  • この記事を書いた人
ルーシー

ルーシー

30代の現役美容師。ヘアケア・スキンケアは特に得意分野です。 ネイルは検定を取得しましたが、まだまだ勉強中⤴

おすすめ記事も合わせてどうぞ

1

​このページでは、私の美容室で使っている 「レプロナイザー3DPlus」のドライヤー の効果や使い方などをまとめてみました。 レプロナイザー 3D plus 正規販売店 フォーサイス 公式サイト ちな ...

2

このページでは、ヘアカラーの色落ちを防いで、色を長持ちさせる 「おすすめのヘアカラー用シャンプー」 をご紹介します。   カラーをせっかく綺麗に入れたのにすぐに色が抜けてしまって、元の髪色に ...

パーマ 長持ちのイメージ 3

このページでは、美容師が教える 「パーマを長持ちさせるための方法」 をご紹介します。   せっかくパーマをかけてイメージチェンジしたのに、すぐ取れてしまったら悲しくなりますよね。 パーマを長 ...

-パーマ

Copyright© KEEETEE , 2018 All Rights Reserved.